保湿しても乾燥してしまうのは保湿の仕方や保湿化粧品が間違っている!

乾燥した肌に保湿化粧品を毎日塗っているのに、カサカサが一向に良くならず、悩んでいませんか?それは、保湿の方法や保湿化粧品が合っていないのかもしれません。では、乾燥肌に「効果的な保湿方法と保湿剤」を紹介しますのでご覧ください。

◆保湿しているのに乾燥が治らない!

保湿しているのに乾燥が治らない!

どうして保湿しているのに乾燥が治らないという事態が起きるのでしょうか?よくあるのが、保湿しているつもりが、かえって肌にダメージを与えている場合です。

・パッティング

化粧水をたたき込むということで、手のひらで何度もパッティングをしていませんか?肌表面の角質層に傷がつき、水分を逃がしてしまうことになります。

・コットン

化粧水などをコットンに浸ませてパッティングすることもありますが、これも角質層を傷つける原因になります。

・手でこする

化粧水やクリームをしっかり浸透させるために、こするのもNGです。こすっても成分の浸透が早くなるわけではないので、やさしく塗るだけにしましょう。マッサージも過剰にすると、やはり角質を傷つけてしまいます。

・つける量が多すぎる

肌にとって、必要な保湿成分の量には限りがあります。良いものだからとたくさんつけすぎると、余った保湿剤が肌に残り、肌荒れの原因を作ってしまいます。

◆正しい保湿の方法とは?

正しい保湿の方法

正しい保湿の方法は、肌を傷めずにうるおいを与え、それを逃がさないようにすることが大切です。タイミングとしては、お風呂上がりがベスト!お風呂上がりは、じつは乾燥しやすい時間でもあるので、まだ肌がやわらかく湿っているうちに、クリームやオイルでフタをすると保湿効果が高まります。

化粧水などは、手のひら全体に伸ばし、手のひらで肌になじませていくと低刺激で肌にやさしい使い方になりますよ。

◆本当に乾燥を治してくれる保湿化粧品とは

肌表面は角質層の上に薄く皮脂膜ができている状態が理想的です。ところが、強くこすったり、洗いすぎたりすることにより、皮脂膜が失われ、角質層が無防備な状態になってしまうことがあります。

そうなると、角質層にためられるはずの水分が表面から逃げてしまい、乾燥していきます。乾燥により、角質層が荒れていき、状態が悪化してしまうんですね。

・化粧品で保湿を!

そこで、皮脂膜の代わりをするような、クリームやオイルを塗っておくと、保水され、乾燥を防ぐことができます。皮膚科でも処方されるのが、ワセリンです。低刺激で、浸透性はほとんどないので、角質層の上にとどまり、肌を保護します。

・保湿にはセラミド

最近は、セラミドにも注目が集まっています。これは、肌にフタをするのではなく、内部に浸透し、角質層の細胞間の保湿をサポートします。セラミドを配合した化粧水や美容液を使う場合も、最終的には肌を保護するワセリンのようなオイルやクリームを塗って仕上げるのが、乾燥肌のケアには大切になります。

なお、乾燥肌には刺激が禁物なので、無添加で低刺激の化粧品を選びましょう。保湿剤も同じで、無添加、敏感肌用などのものが安心です。それでも、無添加だからと言って絶対に安全というわけではなく、保湿成分の中には、肌に合わないものが含まれていることもあるでしょう。

オーガニック、ナチュラルコスメなどの表示でも同じことが言えます。新しい化粧品を使う場合は、サンプルで試してみる、パッチテストを行うなど、慎重に始めたほうが良いですね。

◆乾燥肌対策にはホホバオイル

hohobaoiru

市販の保湿剤の多くは、いろいろな成分を混ぜ合わせて作られています。無添加と言っても、中には刺激のある成分が含まれていることもあるのです。その点、ホホバオイルは、天然植物性オイルの1つで、中でも安全性が高く低刺激ですから、乾燥肌の改善にはうってつけです。

それに、肌の水分を逃がさないバリア機能はピカイチです。お風呂上がりに薄く伸ばすだけでケアも簡単ですよ。化粧水に1滴混ぜるだけで、顔の保湿もできます。
これまでの保湿剤でどうも改善できないという人は、ホホバオイルがおすすめですよ。





▼乾燥対策におすすめ!
おすすめ保湿化粧品

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

保湿しても乾燥してしまうのは保湿の仕方や保湿化粧品が間違っている!:関連ページ

背中の乾燥や背中ニキビにおすすめのオールインワンクリーム【ジュエルレイン】!
極度の乾燥肌の私は、背中も結構ヤバいです。夏場はまだいいのですが、冬になると背中が結構乾燥してしまいます。乾燥 […]
私の乾燥肌が良くなった対策方法は2つの事を徹底しただけ!
乾燥肌の知識や直し方を勉強し早2年が経ちました。以前は極度の乾燥肌で悩んでましたが、2年間乾燥肌の対策を行った […]
プラセンタが乾燥肌の改善になぜおすすめなのか?
プラセンタとは「胎盤」のことで、赤ちゃんがおなかの中で成長する間、未熟な内臓の代わりをして、赤ちゃんの成長を助 […]
ストレスによって肌が乾燥する理由
ストレスがあると肌トラブルが起きやすく、美容のためにはストレスをためないようにと言われますが、どうしてなのでし […]
アトピーによる乾燥肌におすすめのオイルとは?
アトピーによる乾燥肌を改善するには、低刺激の保湿剤を使いたいですよね?ではどんな保湿剤が良いかと言うと「オイル […]